とある1日(前編)

水曜日はおかみカフェ当番の日になりつつあります。

わたしが立つと、なんだか引きが強い。自分で言っちゃう。
きのうがどんな感じだったか、おさらいです。

(ポイントは、来るママ来るママみんな屋号を持っていること。

屋号の意味は考えず、まぁとりあえずいろんなママがいるんだと、読み流してください。)
朝からmokurendo 律子さんと、ricoRICOの中川さんがいらしてくださり、わいわい。

するとPURUアイシングクッキー小林さんが、

「小麦粉!置いていきます!」と20kg分くらいの小麦粉をもっていらっしゃいました。

国産のいい小麦粉を25kg買うので、みんなで分けて買いませんかの会です。

わたしも5kg買いました。

小麦粉

一瞬で、一平ちゃんが白い粉の取引所と化しました。

 

午後からはしましま手芸部まこさんと、ご近所ひでこさんが打ち合わせ。

お昼ご飯に、タカノの出前を取って、しましま手芸部部長、水嶋さんの到着を待ちます。

R0000450

※シーナと一平はランチ営業をしていない+宿泊者のたべもの持ち込みはおっけーです。

なのでこういう対応も、平日は基本的におっけーとしています。

といってもおかみの許可制です。

もちろん、いや、じぶん、家で食べれるやろ!って方には勧めません。

 

部長到着、まこさんは娘さんのお迎えに帰ります。

ひでこさんと3人で話していると、ひでこさんは台湾で暮らされていたことが発覚。

途中で宿泊されていた台湾の方が帰ってきたときのひでこさんの流暢な中国語に一同びっくり。

ゲストもびっくり。笑

 

そして足つぼマッサージができるのだと!

なんと!唐突にやってもらうことに。

「あ〜、おかみ疲れてるよ!」ぎゃ!

どうやら左脳を使いすぎているらしい・・・!

R0000451

 

しましま部長もやってもらう。そしてここにいる3人がみんな蠍座であることがわかる。

ひでこさんも部長もばいばい。

これが15:00くらいの話。

16:00〜は子ども家庭科教室 korinco homeの時間です。

〜続く