パンきょうしつ、開いてもらったよ。

GWも半ばをすぎました。

シーナと一平はカフェおやすみをいただいています。

宿泊もようやっと落ち着いてきたところなので、毎日一平に通いつつ、のびのびさせてもらっています。

さてそんな中、GWならではの試験的な試みを本日やってみました。

のぞみんたべものきょうしつの開催です*

image2 (3)

 

のぞみんは一平の常連さんであり、自宅にてこども向けのお料理教室をされている要町の主婦です。

(のぞみんたべものきょうしつについて、詳しくはこちら。)

本日のメニューはのぞみんお得意の、パン!

シンプルなパンがいいというわたしのリクエストに応えてくださり、プチブール!

R0000570のぞみんに小さく募集してもらい、午前と午後それぞれ3組の生徒さんが集いました。

一平初めましての方も何人か・・・!

ほんのりあまい、シンプルなパンに、くるみとお砂糖をトッピング。

 

実は料理教室・パン教室に参加するのは人生初!

のぞみんの説明がとってもわかりやすく、なによりもこの作業が必要な”理由”を

教えてくれるところがものすごくおもしろい。さすが元・理科のせんせい。

R0000573

どうして今回パン教室を開くことになったかというと。

先日、のぞみんが一平に来てくれたときに、

「ゴールデンウィークはおかみ修行編で、カフェは休みつつ、お菓子焼いたり手芸に没頭したいの〜」

と話していたところ、「じゃあ、パン教室、しようか!」と、とんとんとーん!と1週間たたずに開催決定。

 

一平の工事が始まる前から、のぞみんとなんかやりたいよー。

一平のオーブン使ってほしいよー。と願っていましたが、

カフェ営業しながらのキッチンスペース活用法と、

おともだち、である前に”プロ”のお料理教室・パン教室の先生のぞみんと

“いっしょにやる”ということが具体的に想像できないまま半年が過ぎていました。

そんなこんながあったので、パン教室を開いていただいて、

なんだかとっても、じーん。

つべこべいわずにやってみる!ってマントラのように唱えているのに、

なかなか大切なひととイベントを開いたりって、緊張してしまって踏み出せず。

今回ものぞみんと、参加はできなかったけどもうひとりの主婦の方の後押しがあり、

トントン拍子に進んだのでした。わたし、まだまだだな!

 

image1 (2)

できたパンはもちろんめっちゃおいしい。

来てくださった方も、シーナと一平に関心を持ってくださり、

パン教室にも本当に満足していただいたようです。

 

のぞみんはわたしに初めて「粉の味」を教えてくれたひと。(あやしい意味でなく笑)

いい粉をつかうとこんな風な味になるんだよ、といつも噛み締めたくなるパンをつくってくれます。

出会った時からずっとずっとリスペクトしつづけている主婦のおひとりですが、

きょうも本当に感動しっぱなしでした。

なによりも「ここ、使いやすい!」「またやりたい!」とにっこり顔ののぞみんを見れたこと、

半年前のじぶんに言ってやりたいな〜〜。

 

こんな風にだれもがしあわせな時間を、小さく小さくつくりだしていきたいな〜〜。

 

きょうはなぜか一睡もできずで、途中でとぼけた発言を何回かしてしまったことが唯一の反省です。

寝ます。